I was not on leave: Byo mayor

BY NIZBERT MOYO

BULAWAYO mayor Solomon Mguni yesterday denied claims he was on leave last week when town clerk Christopher Dube was suspended by his deputy, Tinashe Kambarami.

Kambarami and other councillors last week suspended Dube without pay.

However, Mguni, who was reported to be on study leave in South Africa, lifted the suspension.

Mguni yesterday told Southern Eye that he was surprised to hear reports that he was on leave. He said he was only officially absent from work for two days.

“First, there was no vacancy in the office of the mayor. I was not on council leave as there was no certificate issued according the Urban Councils’ Act. I was only absent for
two days. The whole thing was not done procedurally. The town clerk is at work today,” Mguni said.

“We cannot just dismiss the deputy mayor’s allegations against the town clerk, the same way we cannot make a decision without the town clerk responding to those allegations.

Every citizen has a constitutional right to a fair hearing. The town clerk is at work today.”

On the issue of reports that councillors were plotting to pass a vote of no confidence on him, Mguni said he was waiting for them, adding he could not be suspended by them, but
by the minister.

Following the alleged ejection from office of Dube by councillors, some Bulawayo residents protested at City Hall on Friday, demanding that the suspension be removed. Residents
also clamoured for removal from office of the deputy mayor and councillors at the centre of the controversy.

Councillors Kambarami and Silas Chigora were arrested on Friday in connection with the suspension of the town clerk. They appeared in court on Saturday.

There was a heavy police presence yesterday at Large City Hall as police anticipated violence following the suspension of the town clerk.

Acting Bulawayo police spokesperson Inspector Abednico Ncube said police were at the City Hall to maintain peace and order.

“They were just there to maintain peace,’’ he said.

Do you have a coronavirus story? You can email us on: news@alphamedia.co.zw


1 Comment

  1. を基準に選びましょうオーバーホールや修理を行なううえで最も大切なのが技術力です。
    時計修理工房は、腕時計の修理やオーバーホール・ベルト修理・電池交換を行っています。
    タグホイヤーカレラのオーバーホール、プッシュボタン・12時間計車・文字盤交換を実施しました。
    カルティエのオーバーホール、バックル調整を実施しました。
    タグホイヤー カレラ クロノのオーバーホール、プッシュボタン新規取付けを実施しました。
    ブルガリのオーバーホール、規制レバー・巻芯交換を実施しました。
    ロンジンコンクエストクォーツチタンのオーバーホール、回路交換を実施しました。
    エルメスクリッパーのオーバーホール・リューズ修理を実施しました。
    タグホイヤーのテンプ・ヒゲゼンマイ調速一式を実施しました。
    近年、機械式時計を持つ人が減ってきています。
    いわゆる高級腕時計と言われるタイプには機械式が多く、定期的にメンテナンスが必要とされています。
    ただし、5年たってなくても、時計の精度が乱れる様になったり、ゼンマイの持続時間が短くなる場合は、機械の潤滑油が劣化していますので、オーバーホールが必要になってきます。
    それまでのスイス時計産業界の常識を覆す自社製キャリバーの開発、NASAによる有人宇宙飛行への携行、精度コンクールでの圧倒的な受賞数、オリンピック大会での公式計時、そして、革新的なコーアクシャル脱進機の採用などはその最たる実績です。
    数日後に見積をするための時計郵送キットが送られてきました。
    本日は、名古屋時計修理工房へのご訪問、誠にありがとうございます。
    オーバーホールは、時計職人が時計を分解、各パーツを洗浄し、組立、注油、調整します。
    時間に余裕がある人は1ヵ月前後を納期の目安としている業者がオススメです。
    また、ロレックスやオメガといった人気ブランドが他の時計よりも多く依頼されることも長めの納期の原因となっています。
    また、あとで分かったことですが多くの修理店では1ヶ月くらいで修理ができるのが一般的なようです。
    親子二代にわたって営業をしている時計修理店です。
    新しい時計をご購入され、こちらのスピードマスターは使用されないということです。
    プロがおすすめするお手入れグッズは?
    一般的な楽天の商品を購入するのと変わりません。
    エルメス クリッパーのオーバーホール、新品外装仕上げを実施しました。
    ジャガールクルト レベルソ・デュオのオーバーホール、新品仕上げを実施しました。
    シャネル J12のローター修理とコマ調整を実施しました。

Comments are closed.